建設業の『3K』に疲れた…ナイトワークは男性でも驚きの待遇がいっぱい!

今回は、ナイトワークのお仕事について、男性従業員の待遇にスポットを当てて解説していきたいと思います。セクキャバなどのナイトワークは、主役となる女性キャストの待遇ばかりが注目され、「女の子はナイトワークで楽に稼げるからいいよね!」なんて言葉を吐く男性も少なくないものです。しかし、ナイトワークが女性しか稼げないと考えているのは、大きな間違いであり、そんなことを言っているっている人の知識不足だということはご存知でしょうか?
例えば、ナイトワークのお店の多くは、このサイトのように独自の男性用求人サイトを作っていることも多いのですが、そういったサイトを見てみると、男性の求人情報も他業種と比較すると、圧倒的に良いものばかりです。さらに、ナイトワークのお仕事は、屋外勤務となる建設業などと比較しても、圧倒的に肉体的しんどさは少ないでしょう。昔から「きつい」「きたない」「危険」の3Kが有名な建設業は、夏は暑く冬は寒いという職場が当たり前ですが、屋内勤務となるナイトワークは、季節に労働条件が左右されることはないのです。特に近年の日本の夏は、どんどん猛暑化している傾向にあり、労働環境の過酷さから他業種に移籍したいと考えている建設業の方は非常に多いと耳にします。
しかし、建設業界はそれなりにお給料が良いこともあり、生活レベルを下げる必要があるなら仕方ないか…と諦めている人も多いのではないでしょうか?実は、こういった考えを持っている建設業界の方には、ナイトワークのお仕事が非常にオススメなのです!

建設業はしんどい?

日本の建設業界は、世界最高峰の技術を持っており、高度経済成長を支えたのも建設業だと言えるでしょう。しかし、この建設業は古くから「きつい」「きたない」「危険」の3Kの代表業種として有名です。もちろん、現場監督と実際に作業を行う作業員では大きくしんどさも異なると思うのですが、さまざまな過酷さが建設業界には存在しているのです。
かくいう筆者も元建設業界にいたものですから、ここでは建設業界に従事する人のしんどさをいくつかあげていきましょう。

きついわりにお給料が安い

まずは3Kの中でも『キツイ…』という面からです。建設業の作業員にも、土木作業員やとび職、建築業などさまざまな種類があるのですが、多くの場合、屋外での作業となるので、季節に左右されるしんどさがあるでしょう。特に、土木の現場で活躍する『土方(どかた)』と呼ばれる作業員は、非常に多岐にわたるスキルが求められる割に、若いうちはそれに見合ったお給料が貰えないという話をよく耳にします。近年では、東京オリンピック特需もありますので、末端の土木作業員でも手取り額が上がっていると言われますが、それでも日給1万円程度が普通でしょう。
「施工管理側になれば楽になるのでは?」と思う方も多いですが、実はそうでもないのです。施工管理業務は、日中現場を見て回り、現場が終了する5時以降が本当の仕事と言われるように、勤務時間などあってないようなものというしんどさがあるのです。

汚れるのが当たり前

次は3Kの『汚い』です。これは非常にわかりやすいですが、基礎工事がメインとなる土木業界では土にまみれたお仕事になります。建築業界でも木くずや塗料汚れが当たり前です。さらに、夏場だけでなく冬場でも汗にまみれての仕事になりますので、「スマートに働きたい!」と考える層からすると『汚い…』というイメージが根強いのでしょうね。

危険がいっぱい

建設業界の仕事場は、周囲に危険がたくさんあります。まず、使用する工具は簡単に人を傷つけるものですし、高所での作業や、重機を使っての作業も当たり前のように行う必要があります。そのため、全業種の中で考えても、死亡事故数などは建設業界が特に多いのではないでしょうか?さらに、近年の夏は、昔と比較してもかなり猛暑となることもあり、毎年のように建設現場で熱中症による事故が発生しています。もちろん、熱中症に関しては、何の対策も行っていないという訳ではなく、さまざまな対策を行ったとしても、どうしても発生しまうのが建設業界なのです。

上記のように、建設業界で働く人は、他の業界と比較しても決して労働環境が良いとは言えないものです。もちろん、お給料面に関して他業種を圧倒するような条件になっているのであれば我慢もできると思います。しかし、お給料面に関しても、はっきり言うとそこまで高くもないどころか、場合によってはしんどいうえに安い…なんてことが普通にある業界なのです。したがって、若いうちに建設業から他業種に移りたいと考えている人も非常に多くいると思います。そういった方にオススメなのが、ナイトワークのお仕事なのです。

女性しか稼げない…は大間違い!今稼げるのはナイトワーク!

冒頭でもご紹介したように、キャバクラやセクキャバなどのナイトワークと言えば、「女性が稼ぐための場所!」とイメージしている人がほとんどでしょう。もちろん、女性が稼げる場所ということには間違いないのですが、実は「男性も稼げる場所!」という側面があるのを忘れてはいけません。
男性のナイトワークの仕事と言えば、ボーイさんやお店の店長さんなど、女の子をサポートするお仕事ですが、こういった男性側のナイトワークの仕事に、悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?ヴィヴィッド・クルーに面接に来る男性の方でも「休みはあるのですか?」「1日何時間働かなければいけないのですか?」など、『休めない・超長時間労働』などと言った非常に悪いイメージを持っている人が少なくないです。
最初に言っておきますが、ナイトワークにおける男性の労働環境は決して悪くありませんよ!それどころか、上述した建設業界よりも圧倒的に良いという自負すら持っています。ここでは、簡単にですがヴィヴィッド・クルーで出している男性求人の条件をいくつかご紹介しておきます!

雇用形態 社員
応募資格 18歳以上の方
(女性スタッフも活躍中です。女性の方も積極採用中です)
休日休暇 公休 4~6日/月、GW、お盆、正月連休有り、有給休暇 7日~/年
給与 研修社員(1ヶ月目):200,000円
社員(2ヶ月目以降):250,000円
幹部補佐:280,000円
主任:350,000円
課長:400,000円
店長:500,000円
福利厚生 家具家電付きの寮完備
即日入居OKのキレイなデザイナーズマンションです。
社員旅行 2回/年 (海外、国内)

※暴力団関係者及びそれに準ずる方のご応募は固くお断りさせて頂きます

上の表は、ヴィヴィッド・クルーグループの店舗スタッフの募集要項です。もちろん、セクキャバの店舗スタッフのお仕事ですので、季節に関係なく快適な労働環境で勤務していただけます。さらに、休日や労働時間に関しても、一般企業同様の条件となっていますし、固定給は上記のように非常に高く設定しています。もちろん、売り上げに対するインセンティブなどが加算されますので、店長クラスになると20代の従業員でも年収1,000万円を超えることも可能です。

このように、ナイトワークのお仕事は、勤務条件は一般企業同等なうえ、快適な環境下での業務が確約されているのに高収入という、まさに夢のような条件と言えるのです。現在、建設業界で働いている方など、「肉体的にしんどい…」「いつまでたっても給料が上がらない…」などと言った不満を持っている方は、ぜひナイトワークでのお仕事を検討してみてはいかがでしょうか?細かな条件や、実際の勤務内容などは、1日店内見学なども行っていますので、お気軽にご相談ください!

ヴィヴィッド・クルーでは、独立支援制度なども設けていますので、将来自分の力でのし上がっていきたいと考えている方も大歓迎ですよ!

求人の応募、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

06-6379-3008
(営業日は24時間お電話OK!)