PDCAサイクルを実践して成功をつかむ(概要編)

PDCAサイクルを身に付けることで自己管理能力アップ?

PCDAサイクルとは

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。 Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。
PDCAサイクル – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/PDCAサイクル
仕事にもプライベートにも活かせる事ができれば時間。お金の使い方、恋愛、仕事の効率など生活の全てに置いて向上するといえます。

「Plan/計画」

5W1Hと言われる何を、誰に、なぜ、どのくらい、いつまで…といった物事を更に詳しく分解して考えていきます。

これにより大きな目標を分割して具体的にどうするか考える事ができます。

「Do/実行」

大きな目標をたて、分割して具体的な計画にしたことを意識してタスクを進めていくことになります。

「Check/評価」

タスク実行した結果を一度立ち止まって、良かったのか悪かったのかを判断をすること。

「Action/改善」

検証結果で見えた、課題の解決策を考え改善することです。

全ての結果において満足することなく次回のPLANの時には改善されたものを実践していくことにより、日々成長できるということになります。

まとめ

いかがでしたか?

PCDAサイクルの大まかな説明はここまでです。

次回は実際におこりうる事象に当てはめて書いていこうと思ってます。

image_main1

 

求人の応募、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

06-6379-3008
(営業日は24時間お電話OK!)