高収入の落とし穴、福利厚生が必要なわけ

月給50万円に見る高収入の落とし穴

高収入求人の情報をよくみると

  1. 月収50万円も可能!
  2. 日払いOK日給2万円

など、飛びつきそうな求人情報がたくさんあります。

本当に稼げるのか

月収50万円がそもそも嘘な場合もありますが本当に50万円手渡しでもらえる仕事も稀にあるようです。

ただし、手渡しで50万円ということは総支給が50万円ということになり正社員ではない場合、そこから社会保険・厚生年金・仕事で使う場合でもガソリン代が実費なところ、ちょっとした接待・お客様との打ち合わせで喫茶店に行った場合の費用など全て実費の会社も存在します。

そうなると確定申告の手間や税金はそこから自分自身で払いに行ったりとみるみる減っていくお金にモチベーションの維持が難しくなります。

なにより、病欠となった時にその日のお給料が支払われることもなく、特に事故で入院で一気に金欠という最悪のパターンもあります。

勤務先の福利厚生は額面よりも重要

もうすこし少なくても社保完備・社員旅行・有給制度など手厚い福利厚生のある会社も探せば見つかります。

面接時に聞いてみてもいいかもしれませんね。

ただし、電話でいきなり聞いたりなどは相手に失礼にあたりますので極力避けるようにしましょう。

image_main1

求人の応募、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

06-6379-3008
(営業日は24時間お電話OK!)