ニットが痒くて苦手男性は意外と多い!?高品質の素材で暖かいニットを楽しもう。

本格的に冬になると、セーターやマフラーなどの暖かいニット製品を着る機会が多くなりますね。特に寒い日にはアンゴラニットやウール素材の暖かいものを選択したいと言う方は多いと思います。しかし、男性の中にはニットセーターやマフラーなどを着用すると首元がチクチクして苦手という方が意外と多いみたいですね。
ニット製品は素材をきちんと選べばチクチクしないので、ニットが苦手な方のニット選びをご紹介します。

そもそもなんでチクチクするの?その素材は何?

そもそもニット製品を痒く感じる理由は大きく分けて二つあります。一つは「敏感肌」の為です。ニット素材は素材的特徴もあり毛があちこちに飛び出ていますので、「敏感肌」の方はそれが肌にあたって痒く感じます。着る前にクリームなどをぬってもしばらくすれば乾燥しますし、上半身全身にくまなくクリームを塗るのは少し現実的ではないですよね。また、特に「敏感肌」ではない方がかゆく感じる理由は主に素材が問題です。モコモコで太い毛のウールを使っているセーターなどを着た時に痒みを感じると思いますが、素材が原因の場合は素材をきちんと見直せば痒みを感じずニット素材を楽しめると思います。

痒みを感じないための対策

kasimiya
ニット製品を着たときに感じる痒みを解決するには素材選びが重要です。そこでオススメの素材は「カシミヤ100%」のニットです。カシミヤは値段が張りますが、柔らかくふわふわしているので痒みを感じないニットとして有名です。カシミヤを選ぶ際に気をつけなければならないポイントは「カシミヤ100%」の製品を選ぶことです。値段が張ることもあり、他素材と混ぜて販売されている製品も多いですが、他素材が混ざるほど静電気が起きやすくなり痒みを感じます。他には「メリノウール」がオススメです。メリノウールは毛がとても細かく肌触りがとても良い素材です。山登り用の製品にもよく使われる素材なのでとても暖かいのもオススメのポイントです。

まとめ

今回はニット製品がかゆくなって苦手という方のためにニットの素材選びをご紹介しました。もともと人は30ミクロンの繊維が5%以上含まれると不快感を感じるという研究結果も出ているので、痒みが苦手な方は素材選びがとても重要です。素材選びがめんどくさいと言う方は重ね着で対応するのがいいかもしれませんね。

求人の応募、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。

06-6379-3008
(営業日は24時間お電話OK!)